Return to site

一生懸命なお父さんへのお願い

言い過ぎ厳禁!!

JBS三重代表 小倉コーチです。

 

1スイング目。

 

今日はよくバッティングセンターで観る光景についてです。

一生懸命ガンバっているお子さんに向けての言葉の使い方についてです。

我が子に上手になって欲しいという想いから教えすぎていませんか?

1球1球違うことをいっていませんか?

例えば、

1球目は
空振り
「ボールをしっかりみろ」

2球目は
振り遅れファール
「ヘッドが入りすぎだ」

3球目は
フライ
「上からたたけ」

1球1球なにか指摘されてなにをしていいかわからなくなりますよ。

言うことを一つに絞るというのはお薦めです。

なかなか3つ4つはできません。

そもそもボールを打つという動作の中では既に対象物が存在してるのでそれに「集中」させた方が効果的です!

フォームはあくまで打てるようになる手段であり根本原因ではありません。

フォームにとらわれすぎずにしましょう!

愛するお子さんのために…。

LINEにてブログ更新情報をお知らせしています。

登録はこちらをクリック!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly