Return to site

危険!!フライは顔の前で捕れの罠

〜ボールが消えた〜

· 指導論,守備

少年野球で教えがちなフライ指導

10スイング目。JBS三重代表の小倉コーチです。

フライを捕れない悩みありませんか?

そんな時こんな指導受けませんか?

「フライは顔の前で捕りなさい。」

顔の前で捕ろうとするとどうなりますか?

グローブ、ボール、目が一直線になりグローブと目が被りボールを見失います。

ではどのような方法で伝えればいいでしょうか?

一つはグローブを捕る時だけ出す。

なるべくグローブを出している時間を短くして、顔の前でボールが見えるようにして出す。といった方法もいいですね

子供達は感じた通り動くのでどうやったらできるようになっているか注視しましょう。子供達が取った行動があなたの伝え方です。

大事なのは伝わったかどうか?できたかどうかです。

LINEにてブログ更新情報をお知らせしています。

登録はこちらをクリック!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly