Return to site

あの子はできてうちの子は

楽笑!!少年向け指導14スイング目

他人との比較

14スイング目。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。JBS三重代表の小倉コーチです。

今日はよくありがちな親の台詞。。。

「あの子はすごい上手で何してもできるんです。」

「でも、うちの子は全くさっぱりで。」

プロ野球選手を例にあげると

俺はホームランはめっちゃ打てるからそこを伸ばそう。

守備が上手だから守備を極めよう。

なぜ、他人にはいいとこ見えるのに自分または

あなたのお子さんに対しては見えないのか?

それはあなたのお子さん、または自分が悩みにとらわれ他人に見えてるのは願いになっているから

私自身もありました。なりたい願いの方にフォーカスすれば「どうすればいいか?」

を考え出します。

あとは他人からいいところを聞きまくりましょう。そこが長所です。皆見えてる視点は違うんです。

 

LINEにてブログ更新情報をお知らせしています。

登録はこちらをクリック!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly